出産計画を考えよう

出産というのは、女性に取っても、勿論その家族にとっても一大事です。
現代では医療のレベルも発展しており、昔のように分娩において失敗してしまう、ということはかなり少なくなりました。
それでも母子ともに健康な体を維持するためには、ある程度知って置かなければならないことや、考えておくべきことがあります。
出産に対する計画のことを「バースプラン」と呼ぶようになったのは、まだまだ最近のことでしょう。

バースプランにおいて考えるべきことというのは複数に渡っています。
具体的には「分娩方法」「分娩時の処置」「夫や家族の立会」「カンガルーケア」「入院のための部屋」などがあげられるでしょう。
この他にも、授乳指導を行ってもらう可動化、沐浴指導を行ってもらうかどうか、というのも選択肢の1つということになります。
分娩方法というのも、種類がいくつも存在しています。
これについては次のページでより具体的に紹介します。
分娩時の処置というのは、会陰切開や剃毛、浣腸などの処置を行うのかどうか、ということです。

夫や家族の立会についても、人それぞれ考え方というものが違うでしょう。
見守られながら出産したいと考える人もいる反面で、見られたくない都強く思う人がいるのも事実です。
自分でその点については考えておき、周囲と意思疎通を図っておくことが重要になります。
バースプランの基本は自分だけで考えるのではなく、夫や家族とも相談して決めることにあります。